脇脱毛ってどのくらい痛いの?

最近はかなり手軽に受けられるようになった脇脱毛ですが、脱毛が初めてという方がどうしても心配なことのひとつが痛みです。
少し前の脱毛というと、かなり痛みがあり苦痛を伴うイメージでしたが、現在の脇脱毛はどうなのでしょうか?

ひとくちに脇脱毛といっても、その方法によって痛みの強さは違います。
先程の少し前の脱毛、というのは昔からあるニードル脱毛です。これは針を毛穴に刺し、毛を1本1本処理する方法です。
1本ずつやるので時間もかなりかかり、針を刺すので強い痛みがあります。その代わり、医療機関でしか出来ない方法なだけあって脱毛の効果は確かなものです。

次に、レーザー脱毛ですが、こちらはニードル脱毛ほどの強い痛みはありません。
ただ、熱で毛根を破壊するのでその時に痛み自体は感じてしまいます。痛みの感じ方は個人によってかなり差がありますので、痛いと思うかそうでもないと思うかは人によって分かれます。
ですが、痛みの強さの目安として、「輪ゴムではじかれた時のような痛み」という表現がよく使われています。

最後に、今主流のフラッシュ脱毛やS.S.C.式などの脱毛方法ですが、これはレーザー脱毛よりも更に痛みが少ないです。
痛みはほとんどなく、いつ照射したのかわからないうちに終わってしまったという人も少なくありません。
あくまで個人差があることも忘れないでおきたいですが、とにかく痛みが無い方法がいいという場合はこちらの方法を選んだ方が良いでしょう。

また、いずれの方法でも痛みを感じたらスタッフさんに伝えることである程度の調整はしてもらえます。
ちょっとつらいなと感じるほどの痛みがあった場合は、無理せずスタッフさんに伝えるようにしましょう。